毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう


HOME広告通販病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬






アルドステロン

原発性アルドステロン症

偽アルドステロン症

高血圧症

〜Z
アルドステロン症
  • アルドステロン
    • は血圧のバランスを保つホルモン。
      「aldosterone」は、副腎皮質から分泌される電解質ホルモンで、腎尿細管に作用する
    • 血圧やナトリウム・カリウムなどの体内バランスを整える作用を持つ。
  • アルドステロン症
    1. アルドステロンが増加して起こる疾患
    2. アルドステロンが増えすぎると、ナトリウムを取り込み過ぎる。
      腎臓の上にある臓器「副腎」に小さな腫瘍ができると、アルドステロンが過剰につくられ、バランスが崩れて高血圧を招く。
      手術でこの腫瘍を取り去れば異常なホルモン分泌がなくなり、血圧も正常値に戻る
  • アルドステロン症の検査
    • 血清K濃度
      血漿レニン活性・・・0.5ng/ml以下
      血漿アルドステロン濃度・・・120pg/ml以上
      血圧・・・高血圧
  • 臨床所見
    1. 低カリウム血症による腎濃縮力の低下
    2. 低比重、尿量増大
    3. 高ナトリウム血症
    4. 尿のpHも上昇する
    5. 又運動・塩類利尿剤負荷にもかかわらず血中レニン値がきわめて低い。

偽アルドステロン症」「血圧が高い」「倦怠感
尿崩症」「低カリウム血症


TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬