情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/




げかん
下疳








下疳 (げかん)
疳(がん)
  1. 疳蝕の意味があって、虫に侵蝕されたという意で走馬下疳、下疳などの疳は、この意味で用いられる。
  2. (五疳)というのは、疳とはちがった小児の病気で、俗に疳の虫によって起こると考えられた。今日の腺病質、神経質の証に、小児結核などの虚弱な児童が昔の疳にあたる


下疳
  1. 男女の陰部に生じる伝染性に潰瘍にして花柳病である。
  2. かんそう(疳瘡)





下疳の漢方薬
  1. 四物湯+柴胡・山梔子《薛立斎十六種》
  2. 小柴胡湯+竜胆・黄連《薛立斎十六種》
  3. 清肝滲湿湯《外科正宗》
  4. 清肝導滞湯《外科正宗》
  5. 清疳敗毒散《万病回春》
  6. 清心蓮子飲《和剤局方》
  7. 八正散《万病回春》
  8. 八物湯+山梔子・柴胡《薛立斎十六種》
  9. 補中益気湯《薛立斎十六種》
  10. 本方竜胆瀉肝湯《蘭室秘蔵》
  11. 竜胆瀉肝湯《薛立斎十六種》
  12. 六味丸《薛立斎十六種》











    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved