排尿痛   urodynia
  • 排尿痛とは
    1. 排尿時に灼熱感・疼痛






排尿痛の漢方薬
  1. 黄連解毒湯
  2. 甘草湯
  3. 五淋散
  4. 四物湯
    1. H婦人は尿意の頻数と排尿痛があったので、婦人科の先生にかかった。ところが数ヶ月たっても一向に良くならなかったので、転医した。ここでも膀胱炎ということで、ウロトンビンやペニシリンを用いたが良くならない。
      この婦人は平素は肥満していたが、久しぶりに逢ってみると、見る影もなく痩せ、手を握っただけでも体温は38℃あると思われた。のどの渇きがひどく、水っぽいものばかり欲しく、食欲はほとんど無い。尿は15〜20分に1行という状態で、しかも排尿時に疼痛があり、ときどき血尿も出ると云う。
      腹診してみると、左腎はかなり腫脹して、この部に圧痛がある。いうまでもなく腎結核を疑うべき所見である。そこですぐ某大学病院で精細な検査を受けることを勧め、腎結核であろうことを告げる。果たして私の診断が的中し、右腎はほとんど、その機能を停止するほどに病巣は拡大し、レ線により尿管がわずかに糸のように見られた。腹診で右腎の肥大を証明出来なかったのは、病勢があまりに進行していたためであったことが、この写真によって分かった。ところが左腎もまたかなり侵されているので、手術は不可能であるし、予後は不良であろうということが、その病院の診断であった。
      私もレ線の写真を見るに及んで、これではとても助かるまいと考えた。しかし最善を尽くしてみようと思い、四物湯+猪苓湯を内服せしめる一方、ストレプトマイシンの注射を併用することにした。
      1ヶ月ほどたつと、患者は排尿時の疼痛を忘れるようになった。腰はまだ痛むという。体温もまだ時々38℃ぐらいにのぼる。3ヶ月ほどたつと、もう寝ているのはイヤだというほど元気になった。肉眼で は尿が透明に見えるようになた。半年後には、軽い洗濯まで始めたが、だんだん肉付きがよくなり、10日分の薬を1ヶ月もかかって飲むようになった。この婦人は、その後すっかり健康を回復し、臨床的には何の異常も発見出来ないほど頑丈になってしまった。《大塚敬節》

  5. 瀉心導赤散
  6. 小薊飲子
  7. 逍遥散
  8. 清心蓮子飲
  9. 猪苓湯
  10. 導赤散
  11. 八正散
  12. 八味地黄丸
  13. 補中益気湯
  14. 泌尿系滑石基本方
  15. 竜胆瀉肝湯
  16. 苓姜朮甘湯
  17. 六一散
  18. 六味丸



膀胱炎」「淋疾スティーブンス・ジョンソン症候群」「中毒性表皮壊死症












    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved