嘔気(吐き気)に用いる漢方薬
  茵蔯五苓散

呉茱萸湯

■五苓散

■柴胡桂枝湯

■四君子湯

■小柴胡湯

■小半夏加茯苓湯

■大柴胡湯

■二陳湯

■人参湯

■半夏瀉心湯

■半夏白朮天麻湯
  1. 床から起きあがろうとすると、吐き気・頭痛する。
  2. 濁飲上逆の症、嘔気甚だしい者→「呉茱萸湯」


■茯苓飲半夏厚朴湯

■六君子湯




はきけ(吐き気)
はきけ
  1. 吐き出すことではなく、吐きそうになること
  2. 吐き気がある時に、吐かせる方が良い場合と、そうでない場合とがある。


副作用ではきけ(嘔気)が起きる

「アダラート」「アデカット」「アモパン」「アルダクトンA」「アルマール」「インデラル」「エパデール」「エラスチーム」「ガスター」「カプトプリル」「カルスロット」「グルコバイ」「ケルロング」「コニール」「ジウテレン」「セタプリル」「セロケン」「ダイクロトライド」「タナトリル」「ダルメート」「テノーミン」「デパス」「ニトログリセリン」「ニバジール」「ノルメラン」「ノルバスク」「バイロテンシン」「ハルシオン」「ヒポカ」「フルイトラン」「プレドニン」「ベイスン」「ペルジピン」「ヘルベッサー」「ベンザリン」「ポンタール」「ミケラン」「メバロチン」「ラシックス」「リポバス」「レニベース」「ロレルコ」「ロンゲス」「ワンアルファ」




酒と薬の吐き気仕組み違う
酒の飲み過ぎによる吐き気と薬の副作用による吐き気は、
  • 同じ気分がすぐれない状態でも、
  • メカニズムが違うことを東京大学薬学部の松本則夫助教授らの研究グループが見つけた。


吐き気の仕組みはこれまでほとんど分かっておらず、経験的に効く薬が使われている。
 

研究では、「スンクス」というネズミの一種を使い、いろいろな環境で吐かせてそのメカニズムを探った。
 

吐き気を引き起こす副作用のある抗ガン剤の場合、細胞内に活性酸素が発生し、神経伝達物質のセロトニンを分泌させ、内臓の神経を刺激して吐き気を催す。

これに対し、アルコールを飲み過ぎたり、乗り物で揺られて催す吐き気は、内臓神経を切ったり、セロトニンを阻害する薬を与えても改善せず、メカニズムが違うことが分かった



はきけの民間療法
  • カラスビシャク・ダイダイ・ヨシ。
  • 酢(食用酢)
  • 何を与えても吐いて薬を受け付けない時は、何でも良いから、その人が平素好きなものを食べさせて、そのすぐ後で薬を呑ませるとよく納まるものである。《大塚敬節》

船酔い・・・対策
  • ・氷の塊を口に入れる
  • ・赤トウガラシを噛む



関連情報 白血病 
高山病
 
アカラシア
 
乾嘔
 
嘔吐
 
悪心
 
むかつき
 
クインケ浮腫
尿毒症
虫垂炎
慢性膵炎










    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
     漢方薬の選び方      東洋医学の考え方 

 よく使う漢方薬  
 ブログdraun 漢方処方3000  ツムラ番号


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved