ドクトルアウン,ドクトル、アウン、、



ハッカ(薄荷)



TOP ブログ  治るコム  よく使う漢方薬 漢方の臨床





   キャットニップ




薄荷MENTHAE HERBA
 基原  日本に自生し、又は栽培される多年草。
シソ科(Labiatae)ハッカMentha arvensis L.var.piperascens Malinv.の地上部全草または葉を乾燥。
★《新修本草》に収載。
 性味  味は辛、性は涼。(涼・瀉・燥・降・散)
 帰経  肺・肝経
 分類  辛凉解表薬
 薬性歌  “薄荷味辛清頭目 風痰骨蒸倶可服”
薄荷、味辛。最も頭目を清す。風をり、痰を化す。骨蒸に宜しく服すべし。《万病回春》



(発汗・駆風・鎮痛・止痒・透疹)
     
◎汗を発し風熱を散ずる。
       <1>外感表証
       <2>頭痛目赤
       <3>咽痛
       <4>癮疹
     

◎毒汗を発し頭や目をすがすがしくする。風熱に出汗させる。
       「水煎服。」
     

◎心の熱をなくす。
       「薄荷水」
    
◎頭風・風熱頭痛を治す。
       「煎・末服。」
     
◎水が耳の中に入ったとき。
       「汁を少し入れると良い。」
     
◎中風の失音不語と熱風で煩悶する。
    「生の汁を取って飲み、又煎じて汁を飲む。」
     
◎傷寒の除陽毒に。
       「葉を煎じて服用。」
     
◎骨蒸の熱労を治す。
     
◎小児の驚風の熱を治す。
薬理作用   <1>中枢抑制作用
<2>血管拡張作用
<3>粘膜刺激作用


 薬能 
 《薬性論》
  “憤気を去り、毒汗を発し、血を破り痢を止め、関節を通利する”


《唐本草》
  “賊風、発汗を主る”
  “悪気、腹脹満、霍乱、宿食不消、下気を治す”


《本草綱目》
  “咽喉、口歯の諸病を利す。”
  “瘰癧、瘡疥、風疹を治す”


《中薬大辞典》
  “疏風、散熱、辟穢、解毒”
  “外感風熱、目赤、咽喉腫痛、食滞気脹、口瘡、歯痛、瘡疥、疹を治す”



 薬対

『薄荷+夏枯草』
『薄荷+菊花』
『薄荷+桔梗』
『薄荷+荊芥』=(発表作用)。
  • 感冒や温病の初期にみられる頭痛、発熱に用いる。
  • 「銀翹散」。

『薄荷+牛蒡子』=(発表透疹作用)。
  • 麻疹の初期や、風疹、皮膚掻痒症などに。
  • 「防風通聖散」。

『薄荷+柴胡』
『薄荷+赤芍』
『薄荷+白殭蚕』
『薄荷+連翹』=(清熱解毒作用)。
  • 目の炎症、、口内炎、咽喉腫痛など頭部の炎症に用いる。
  • 「涼膈散」



 配合処方

鶏蘇散
清熱如聖散








    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved