腰椎椎間板ヘルニア



ドクトルアウン ブログ  東洋医学  よく使う漢方薬 漢方の臨床  naoru.com






腰椎椎間板ヘルニア
腰椎の障害部位と症状


第4腰神経根
  • 症状 下腿内側、親指の内側にシビレ
    前脛骨筋の筋力低下により、足部の背屈力と内反力が低下し、足が内側に反り返る
    参考 膝蓋腱反射は低下もしくは消失する
    アキレス腱反射は正常


第5腰神経根
  • 症状 下腿全面or中央部分にシビレ
    長母指伸筋の筋力が低下して、足指の背屈力が低下し、足の指が上下反り返る
    参考 アキレス腱反射は正常
    第5腰神経根は、第4腰椎と第5腰椎の間にあり、発症が多い場所です


第1仙骨神経根
  • 症状 足背ないし足底の外側にシビレ
    腓骨筋の筋力低下により足の外反力が低下し、つま先立ちが困難となる
    参考 足は外側に反り返る
    アキレス腱反射は低下or消失する




 腰椎椎間板ヘルニアの原因遺伝子
2007年10/7、理化学研究所・慶応大・富山大・京都府立医科大のグループが発見。
この遺伝子は軟骨組織だけにある『11型コラーゲン』を生み出す遺伝子の1つで、『COL11A1』

日本人の椎間板ヘルニア患者の協力を得て、この遺伝子のDNA塩基配列の種類がチミンの人は、シトシンの人に比べ、11型コラーゲンを生み出す働きが2/3ぐらいに低下し、約1.4倍発症しやすくなることが分かった。

研究チームは、
2005年に、軟骨の成長を調節する働きがある『CILP』を発見している


脊髄終糸症候群
(TFT)
腰椎椎間板ヘルニア
(LDH)
 Tight Filum Terminale;  
   









    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved