ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




スキルス胃がん



通 販 カタログ 病名(症状)




スキルス胃ガン
*治療がむつかしい胃がん

*悪性度が高く、再発の危険性が高い。

*胃壁の組織の中で急速に広がって転移しやすい。

*正常な状態と区別がつけにくい。

*レントゲン検査や内視鏡検査で見つけにくい。

*発見したときは、腹膜などに転移していることが多い。

*スキルス胃がんは胃がんの約1割を占める。





カドヘリンが関与
悪性の胃ガンに深く関わっている遺伝子を持つ家系を、ニュージランドのオタゴ大学がん分子研究所のリーブ教授らが見つけた。同国に住むマオリ族の6世代98人の大家族で、そのうち最近30年間に25人が胃ガンで死亡している。染色体を調べた結果、特定の遺伝子が変異を起こしていた。
  • 英科学誌ネイチャー(3/26日号)に発表された。


ある種のガン細胞の中には、この遺伝子が突然変異を起こしているものがあり、浸潤や転移に関係していると分かっていた。
  • しかし、正常な細胞中に存在し、親から子に遺伝する例が判明したのは初めて。
  • この遺伝子が、ガンの進行だけでなく、最初の発生段階から関与していることを示唆している




 変異を起こしていたのは、カドヘリン遺伝子
 その結果カドヘリンが正常に作られなくなる

カドヘリンはタンパク質の一種で細胞同士をくっつける「のり」の働きをする
京都大の竹市雅俊教授が1980年代に発見した。

国立がんセンター研究所の広橋説雄副所長らのこれまでの研究で、悪性ガンの一種である『スキルス胃ガン』組織の細胞では、約半数の患者でカドヘリン遺伝子に変異が起きている。
リーブ教授の今回の研究で、カドヘリン遺伝子の変異が世代間で引き継がれていることが実証された。今回見いだされたマオリ族の家系で、この変異遺伝子を持つ家族のうち約7割がスキルス胃ガンとなり、そのほとんどが40歳代で発症していた。





 マウスで再現
2011年、東京医科歯科大学の湯浅保仁教授のチームは、胃ガンのなかでも極めて重症タイプのスキルス胃ガンのモデルマウス作りに成功した。

オランダ国立がん研究所との共同研究で世界初。

湯浅教授らは「E-カドヘリン」と「53 」という2つの遺伝子に注目し、遺伝子改変技術によって両方とも欠損させた新しいマウスを作製。1年以内にほぼ100%の割合で、ヒトのスキルス胃ガンとよく似たガンができた。





 スキルス胃がんの原因遺伝子
2014年、石川俊平東京医科歯科大学教授らは東京大学と、スキルス胃がんを引き起こす遺伝子を突き止めた。

胃がんは日本人に多く、その全体の1/4が、がん細胞が固まらずに散らばるスキルス胃がんというタイプだ。正常組織の広い範囲にがん細胞が入り込んでしまう。

研究チームは東大病院で手術したスキルス胃がん患者87人の組織からDNAを採取し、遺伝子を詳しく調べた


細胞が動いたり増えたりするときに重要な遺伝子「RHOA」に変異が見つかった





胃がんの病院ランキング
胃がんに用いる漢方薬
ガン
ポリープ
食欲減退
むかつき






2006から続くnaoru.com/ブログ(draun)ブログ(google)通販カタログ副作用 |
   
   

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved