ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



肝不全(かんふぜん)



HOME ブログ 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






関連情報 腹水
黄疸
肝膿疱
亜急性肝萎縮



肝不全
肝機能が高度に障害されたために現れる状態。
  1. 肝性脳症
  2. 黄疸
  3. 腹水
  4. 血液凝固障害
  5. 各種ホルモン異常

など、様々な程度に入り混じってみられると共に、腎不全などの他臓器障害をも伴うことが多い。
金芳堂ー内科診断学p480より。


副作用で・・・肝不全

診断に統一基準をつくろう。
  • 肝不全は普通、血液中の総ビリルビン値やプロトロンビン時間活性値(血液の凝固能力)などの検査値をもとに診断する





歯髄から培養
  • 2010年、日本歯科大学の八重垣健教授らは人の親不知(親知らず)や乳歯の中にある歯髄を肝臓に育てる技術を開発した。
  • 肝臓のもとになる幹細胞を取りだし、動物実験では大半を切り取った肝臓をほぼ元通りに修復できた。
  • 2~3年後に人間での臨床試験を目指す
  • 生え替わりの乳歯や親知らずの歯髄から細胞をより分け、培養した。細胞の表面にある「CD117」というタンパク質の抗体に磁性を持たせ、磁力でふるいにかけた。あつめた幹細胞を20日間培養し、肝臓の細胞にした。
  • 肝臓の9割を取り除いたラット6匹の脾臓や血管に肝臓の細胞を注射した。
  • ラットは人の細胞を調べられる実験用ラットで、6週間後にはアルブミンやグリコーゲン、尿素が出て、肝臓が正常に働いた。
  • 新型万能細胞(iPS細胞)では、主要ができるので危険だが、今回は腫瘍は出来なかった。


ラットで再生実験
  • 2015年、横浜市立大学の谷口英樹教授らは肝臓を再生する治療法を開発した。
  • 研究チームは、肝臓の細胞になる前の「肝芽」と呼ぶ細胞に着目。
  • 胎児が持つ未分化の状態の細胞で、次第に肝臓に成長する。
  • 肝臓機能を無くした肝不全ラットに肝芽を移植した。
  • 約150日後に肝臓を取り出し顕微鏡で観察すると、約6割が正常な肝細胞になっていた。
  • 移植した肝芽が正常な肝細胞に成長し、働かなくなった肝細胞と置き換わった。



肝不全に用いる漢方薬
  1. 茵蔯蒿湯
  2. 茵蔯五苓散
  3. 五苓散
  4. 真武湯
  5. 十全大補湯
  6. 人参養栄湯
  7. 分消湯
  8. 補中益気湯





解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査