ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    



虚血性心疾患



HOME ブログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





狭心症
心臓発作
心筋梗塞
心臓病



虚血性心疾患 (スーパードクター/病院名)
道井洋吏 札幌ハートセンター
松居喜郎 北海道大学病院
岡林 均 岩手医科大学付属循環器医療センター
山口裕己 新東京病院
天野 篤 順天堂大学医学部付属順天堂病院
○心臓血管外科のトップ。6000例を越える手術。
「チームバチスタの栄光」「医龍」の監修でもおなじみ。
天皇陛下の「心拍動下バイパス手術」を担当。
吉田成彦 新葛城病院(東京都葛城区)
高梨秀一郎 榊原記念病院(東京都府中市)
抗ノ瀬昌彦 東京医科大学病院(新宿区)
南淵明宏 東京ハートセンター(品川区)
磯村 正 葉山ハートセンター(神奈川県)
渡邉 剛 金沢大学付属病院
大川育秀 豊橋ハートセンター(愛知県)
米田正始 名古屋ハートセンター
浅井 徹 滋賀医科大学医学部付属病院
夜久 均 京都府立医科大学付属病院
小林順二郎 国立循環器病研究センター
大北 裕 神戸大学医学部付属病院
東上震一 岸和田徳州会病院
坂口太一 心臓病センター榊原病院(岡山市)
小宮達彦 倉敷中央病院
羽生道弥 小倉記念病院(北九州市)
PRESIDENT 2012 より



虚血性心疾患
1979年、ISFC/WHOの専門委員会による。
  1. 一次性心停止
  2. 狭心症
    • <1>労作狭心症
      1. 新規狭心症(初発狭心症):発症1ヶ月以内のもの。
      2. 安定狭心症:発症後1ヶ月以上経過したもの。
      3. 増悪狭心症:同程度の労作で、頻度・程度や持続時間が増悪する。
    • <2>安静狭心症(自発性狭心症)
  3. 心筋梗塞
  4. 虚血性心疾患による心不全
  5. 不整脈




虚血性心疾患の
リスクファクターには以下のものがる。
   ・半身肥満
   ・耐糖能障害
   ・高トリグリセリド
   ・高血圧




虚血状態30分で検査
医療機器大手のグッドマンは狭心症など虚血性心疾患の検査薬の独占販売権を米ベンチャー企業から取得した。

血液中のタンパク質の形状を調べ、虚血状態が起きたかどうかを判定する。

心電図検査など従来の検査法と比べ、病気を早い段階で発見する。

新検査薬は患者から採取した血液にコバルトを混ぜ、血液中のタンパク質「アルブミン」の形を調べる。

アルブミンは通常はコバルトと結合するが、血管が詰まり虚血状態になると、変形してコバルトと結合しない。
この現象を応用してはっきりした結果を得る。
検査時間は約30分。

虚血状態が起きて12時間以内なら、過去に虚血状態が起こったかどうかを判定出来る。心臓が虚血状態となると胸が痛くなるが、一過性の場合も多い。心電図の検査では異常を発見できない場合もあった





狭心症などの危険性を採血検査で予測
2014年、東北大学の阿部高明教授らは、狭心症などの危険性を採血検査で予測する技術を開発した。 臓器に十分な血液が巡らすに負担がかかり虚血状態になると血液中に漏れ出る物質を調べる。 

臓器が虚血状態になると、細胞内で転移RNAと呼ぶ分子の形が変わる現象に着目。 

転移RNAの変形で出る物質「1-メチルアデノシン」は血液に流れ出す。 採血で濃度変化を測定すれば、臓器の負荷を知る指標になる。 

手術中に血の流れを止めると、臓器の細胞に栄養が届かずに虚血状態になる。 

虚血が起きやすい大動脈周辺の腎臓手術で、手術中の患者から採血した血液を調べると1時間で指標となる物質の濃度が約3倍上昇し、手術中に負荷を測定できた。 

従来は・・・筋肉で作られる物質を指標にしていた。濃度変化の判定に一晩かかった





高圧酸素療法と遺伝子治療の併用で医薬特許
2011年、アンジェスMGが取得。

虚血性疾患の遺伝子治療薬は血管の新生を促すことでつまった状態を改善する。

高圧酸素療法は2気圧程度の酸素で満たしたカプセルに入り全身に酸素を行き渡らせる。

血中酸素濃度が高まり薬剤の溶解度が上がる






狭心症
(病態)
  • ・冠動脈が狭窄
    ・心筋が一時的に血液不足に。


(症状)
  • ・胸の痛み
    ・胸の圧迫感
    ・息苦しさ


(診断)
  • ・問診
    ・心電図・
    ・冠動脈造影
    ・心筋シンチグラフィ


(発作時)


(治療)
  • ・カルシウム拮抗薬
    ・β遮断薬
    ・冠動脈バイパス手術
    ・経皮的冠動脈形成術(PCI)
    1. バルーン療法
    2. ステント留置療法
    3. 薬剤溶出ステント・・・2004年8月から保険適用。





心筋梗塞
(病態)
  • ・冠動脈が閉塞。
    ・心筋が壊死。


(症状)
  • ・突然の激しい胸痛
    ・安静にしても回復しない


(診断)
  • ・心電図
    ・心エコー
    ・血液検査
    ・冠動脈造影


(発作時)


(治療)
  • ・カルシウム拮抗薬
    ・β遮断薬
    ・冠動脈バイパス手術
    ・経皮的冠動脈形成術(PCI)
    1. バルーン療法
    2. ステント留置療法
    3. 薬剤溶出ステント・・・2004年8月から保険適用。





大豆タンパクが予防
FDA(米国食品医薬品局)は1999年10月下旬、大豆タンパクを一定量以上含んだ食品に
大豆タンパクには虚血性心疾患の危険を減らす作用がある”
ことを表示することを認めた






関連情報 狭心症心臓発作心筋梗塞心臓病








    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved