往来寒熱















(おうらいかんねつ
  1. 悪寒する時は熱がなく、発熱するときは悪寒がなく、悪寒と発熱が交互に現れる。 《漢方用語大辞典》
  2. (寒熱往来)
    悪寒と熱とが交互に出没すること。さむけがしてさむけがやむと熱が出て、熱が下がって、またさむけが出る。《大塚敬節》
  3. 悪寒と熱が互いに往来すること。悪寒がやむと熱が上がり、熱が下がると、また悪寒がする熱型で、少陽病のときによくみられ、柴胡剤を用いる目標である。《漢方診療医典》

《本草綱目》、柴胡の部中、往々、往来寒熱を以て、その主治となすなり。夫れ世に謂うところの瘧疾は、その寒熱往来するや劇し。
しかして柴胡を用ひて治する者あり。亦治せざる者あり。是において之れを仲景氏の書に質すに、その柴胡を用ふるや、胸脇苦満の証あらざるなし。





往来寒熱の漢方薬
  1. 加味逍遥散
    1. 此方の症にして寒熱甚だしく胸脇に迫り、嘔気等ある者は、「小柴胡湯L山梔子・牡丹皮」《勿誤薬室方函口訣》
  2. 柴陥湯
  3. 柴胡加竜骨牡蛎湯
  4. 柴胡桂枝乾姜湯
  5. 柴胡桂枝湯
  6. 四逆散
  7. 小柴胡湯
    1. 往来寒熱は柴胡剤を用いる目標である。《大塚敬節》
    2. 強い悪寒が来て、そのあとで熱が出る。その熱が下がってまた悪寒が来て熱が出るという状態。《大塚敬節》

  8. 小柴胡湯桔梗石膏
  9. 大柴胡湯



かぜ

悪寒

発熱

脈がない









    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved