ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    

  • そてつ
  • (蘇鉄)




HOME ブログ  治るコム  健康診断 病名(症状 血液検査 医薬品





ソテツ(蘇鉄) CYCAS REVOLUTA
=救荒植物といわれる。

・その実のデンプンが食用とされた。

・ソテツの実は良質のデンプンを含むが、チカシンという有毒物質も含む。
チカシンには発がん作用がある。

・ソテツの花粉管の中に精子が存在することを池野成一郎・東京帝国大学教授が発見。

・イチョウなどと同様に、受精の時に精子をつかう。



◎種子を煎服すれば、
     通経作用
     強壮作用
     収斂作用


◎デンプンに含まれる[サイカシン]には、発ガン性・催奇形性がある。
サイカシンという配糖体は、ホルムアルデヒドに変化する。


◎奄美大島ではソテツの髄を細かく刻み、水に晒し、カビを用いて発酵させるなどして食用とすれる。
ソテツの茎や髄はデンプンに富んでいるので、熱帯・亜熱帯地域では一般に食用に供される。
一方、その種子や葉・茎に毒性があることも地域住民の間では良く知られているところである。



◎毒性成分:サイカシン
→加水分解によってホルマリンを発生する。
 

  
◎グァム島に生育する、モルッカソテツ C.circinalisの種子には1.1~2.3%のサイカシンを含有。






 【効能・効果】

胃下垂:種子を10~15g/日煎服する。

胃腸炎:種子を10~15g/日煎服する。

クギ等を踏み抜く:葉の黒焼き末をゴマ油で練って塗布する。

月経困難:種子を10~15g/日煎服する。

月経不順:種子を10~15g/日煎服する。

下痢:種子を10~15g/日煎服する。

産後の養生:種子を10~15g/日煎服する

心臓病:種子を10~15g/日煎服する。

中風:「葉・種子」を煎服。

トゲが刺さる:葉の黒焼き末をゴマ油で練って塗布する。

脳溢血:「葉・種子」を煎服。

肺結核:種子を10~15g/日煎服する。

瘭疽(ひょうそ):葉の黒焼き末をゴマ油で練って塗布する。

疲労回復:種子を10~15g/日煎服する。

淋病:「葉・種子」を煎服。

肋膜炎:種子を10~15g/日煎服する。